ヒューマンライズUni2人事給与シリーズ

現在のページ

ホーム > ヒューマンライズUni2人事給与シリーズ > システムの特長 給与計算


ヒューマンライズUni2給与計算

システムの特長 給与計算

定例給与は毎月変動する勤怠項目のみ入力すれば計算可能です。 また昇給や社保算定による保険料変更時には各項目を選択し一括で変更できます。

支給漏れや過払いの現金等による処理は臨時給与で対応できます。


給料表の登録

非営利法人の給料表に完全対応しています。職員ごとに級・号を登録するだけで給料が決定され、ベースアップ時には給料表の改定だけで対応できます。

給料表はCSV形式でデータの入出力ができ、給料表改定時には表計算ソフトで作成した表を取り込むことで入力の手間が省けます。

また、現在の給料表を出力してホームページ掲載用のデータに利用することができます。新・旧の給料表を比較して差額を支給する現給保障にも対応しています。

通勤手当

複数月定期支給対応

毎月支給、6箇月定期、3箇月定期と混在しても対応可能で、通勤手当の支給月を登録することにより自動計上します。また、社保算定時には1ヶ月相当額として算定されます。

課税・非課税自動振り分け

交通機関なら10万円、交通用具なら距離により非課税限度額を自動的に振り分けます。交通機関、交通用具併用にも対応しています。

勤怠データの取込

超勤時間等の勤怠情報を各部署の担当者が表計算ソフトで作成し取り込むことで入力作業が分散化され効率的に処理できます。勤怠管理ソフトからの取り込みも可能です。

費用の按分機能

人件費などの費用を事業ごとに按分計算します。事業別の按分率を職員ごとに登録することで自動的に按分します。また、社会保険や所得税などの預かり金にも対応しています。

支払理由のメモ機能

臨時給与などの支給理由をメモ入力することで、後日の業務確認に便利です。業務担当者が変わった場合などに役立ちます。


多様な集計単位で管理資料を作成

各種管理資料が多様な集計方法で作成できます。

集計単位には、部課係はもちろん、事業、役職、職員区分の他お客様が自由に設定できる汎用項目での集計も可能です。帳票印刷時の出力順序は、職員コード順、職員カナ名順、役職順、入社順など目的に応じて選択できます。

入力を支援する便利な機能

ヒューマンライズ給与計算システムでは、お客様が処理作業をスムーズに行えるよう、様々に工夫された機能を数多く準備しています。パソコン操作が初めての方も安心してお使いいただけます。

職員登録画面

※顔写真は人事管理システムを導入した場合、取り込むことができます。

カレンダー機能

すべての日付入力項目がカレンダー機能に対応しています。カレンダー画面の日付をクリックするだけで年月日がセットされます。また、年齢早見表から生年月日を入力することもできます。

検索機能

職員コードや職員カナ名だけでなく、部課係等で対象のデータを簡単に絞り込むことができ、必要な情報がすばやく検索できます。

処理中でもスムーズに別画面へ切替

例えば、勤怠入力中でも職員基準値の入力画面に簡単に切替えることが可能です。処理状況に応じてスピーディな作業が可能です。

入力ミスを防ぐ多彩なメッセージ

処理操作ごとに入力内容をチェックし、操作方法や注意、警告などの多彩なメッセージで操作をナビゲーションします。重要な処理の支給確定や社会保険変更処理も安心です。

その他の機能

精算項目の対応

給与所得ではない旅費などの精算項目にも対応しています。社会保険や所得税の対象外として登録することが可能です。

有給休暇の管理

有休残日数や時間から有休使用日数、時間を差し引いて残日数を明細書等に表示することが可能です。新年度等で有休を自動的に付与する場合は内容によりオプションとなる場合があります。

共済掛金、健康保険組合、厚生年金基金対応

派遣職員の共済掛金や健保組合、厚生年金基金の項目を作成することが可能です。また、政府管掌(協会けんぽ)と混在することもできます。(掛率を登録して自動計算させる場合はオプション)

オリジナルな管理資料の作成

ほぼすべての帳票がCSV形式のファイルで出力できます。表計算ソフトを利用することにより、より高度でオリジナルな分析資料が作成でき、データを有効的に活用することができます。

製品の詳細について、お気軽にお問合わせください。

「ヒューマンライズUni2人事給与シリーズ」について問い合わせる



このページのトップへ戻る