ヒューマンライズUni2社会福祉法人会計

現在のページ

ホーム > ヒューマンライズUni2社会福祉法人会計 > 運用例


運用例

伺い処理から銀行振込までの本部・支部間 運用例

LAN、WANの環境においては、複数の担当者によるリアルタイムでの入出力処理が可能です。 起案・伺書管理機能の充実により、事務処理の合理化を図ります。

  1. 事業担当者が予算残高を確認しながら伺書を作成します。伺書は、複数科目をひとつの伺として作成する機能も備えています。
  2. 決裁後、経理担当者が伺いデータより伝票を作成します。
  3. 支払は、伝票データから銀行振込データを作成した後、取引先金融機関のインターネットバンキングシステムより伝送します。

上記運用以外に、簡便な方法もご用意しております。(お客様の事務処理に応じてご提案します。)

  • リモートデスクトップを利用した接続導入実績もあります。
  • 分散処理:仕訳データ等をバッチ処理にて更新する分散処理にも対応しています。

事業部門ごとに起案から収入調定・支出負担行為段階、収入・支出決定段階へと、各段階において伺書入力や予算管理を行う事ができ、決裁後は会計システムに仕訳データとして反映されるので、経理担当者の業務負担を軽減します。

伺書作成

プルダウンメニューからの選択などにより項目を順番に登録するだけで、簡単に伺書を作成することができます。

取引内容に応じて、支出負担行為伺書から支出命令書(決議書)の流れと支出負担行為兼支出命令書を使いわけることができます。もちろん、伺書作成だけではなく、執行前予算としっかり連携します。予算管理の要です。事業担当者の為の帳票も取り揃えております。


伝票作成

伺書からの運用であれば、対象となる伺データを検索し、確定処理することで、伝票が作成されます。入力作業の重複はありません。手書き伝票のイメージで入力して頂けます。

勘定科目は、わかりやすいツリー形式の表示を採用しています。 操作員IDと連携しているので、担当者は、オリジナルの科目一覧を作ることもできます。

伝票様式は多数ご用意しております。

製品の詳細について、お気軽にお問合わせください。

「ヒューマンライズUni2社会福祉法人会計」について問い合わせる



このページのトップへ戻る