ヒューマンライズUni2社会福祉法人会計

現在のページ

ホーム > ヒューマンライズUni2社会福祉法人会計 > システムの特長


システムの特長

登録設定はおまかせ。スタート万全で運用できます。

社会福祉法人会計基準への準拠性という観点より、会計コンサルティングを行った上、お客様の事業内容に沿った会計体系・勘定科目の登録作業を弊社にて行います。一取引二仕訳の関連科目も含め設定しますので、導入後すぐに伝票入力していただけます。

煩雑な階層管理にも対応

会計基準にて求められる法人全体、事業区分、拠点区分、サービス区分の階層管理の他、内部管理用の集計機能も備えています。 また、勘定科目は最大7階層まで登録可能です。
システムの運用では、お客様の事業内容に沿った適切な会計体系をご提案いたします。

執行前の予算管理と伺書の作成

「起案・伺書管理」機能により、執行前の予算管理や伺書「支出負担行為伺書」や「支出命令書(決議書)」を作成することができます。部門毎や事業毎にも予算を登録することができますので、事業担当者も執行前後の予算残高を確認しながら、伺書を作成することができます。

また、リース物件などの固定的な費用は、年度当初にまとめて伺いを挙げ、支払予定回数にあわせ執行することで、年度末の支払予定額 の把握にもつながります。

一取引二仕訳の完全自動作成

当ソフトウェアでは、仕訳論理チェックや一取引二仕訳の自動作成機能により、貸借対照表、資金収支計算書、事業活動収支計算書の整合性が常に保たれた状態にあります。 このため、試算表の数字があわないということはありません。

資金収支科目、事業活動収支科目のどちらかを主とした入力により、二仕訳目を完全自動作成いたしますので、二仕訳目を入力する必要はありません。


仕訳エラーチェック機能で、不正入力を防止

仕訳の入力段階では金額だけでなく、煩雑な仕訳であっても勘定科目の組合せが適正かを判断する仕訳論理チェック機能や一取引二仕訳の自動作成機能など、誤った仕訳が登録されない仕組みを設けています。
警告表示含め、400種以上のエラーメッセージが表示される考える会計ソフトです。

按分で仕訳入力を効率化

共通経費等の仕訳は、月次一括按分、伝票毎按分機能で経理区分ごとに配賦仕訳を作成できます。これにより、日常は配賦を意識することなくスムーズに入力できます。

日常業務を効率良く

会計システムでは入力担当者を登録することができ、担当者ごとの科目一覧表やパターン仕訳を設定することができます。

IDとパスワードでセキュリティ向上

各担当者にIDとパスワードを設けることで、入力の履歴をとるだけではなく、入力や閲覧の制限を設けることができます。また、データをバックアップする際には、暗号化することも可能です。

財務諸表等電子開示システムとの連動

あらかじめ設定した財務諸表等電子開示システムの事業区分、拠点区分、サービス区分や勘定科目等のマスタと、会計システムのマスタを紐付けを行うことにより、電子開示システム入力シート(エクセル)に取り込むためのデータをCSVにより出力できます。

社会福祉充実計画作成

社会福祉充実計画作成のための、「控除対象財産の登録」を財産目録のデータとして入力し、それらの情報を元に「社会福祉充実残額の算出」及び「社会福祉充実計画の入出力」が行えます。

製品の詳細について、お気軽にお問合わせください。

「ヒューマンライズUni2社会福祉法人会計」について問い合わせる



このページのトップへ戻る